大正銀行でのお金の借り方

大阪を中心に店舗を展開している大正銀行では、預金や投資信託などの資産運用のほかにも、必要な資金を融資してもらえる各種ローン商品が用意されています。

 

日々の少し足りないお金を借入れできるカードローン、マイホーム購入資金を融資してもらえる住宅ローンなどがあります。後者の住宅ローンはマイホーム購入時だけでなく、リフォームなど購入後に発生する必要資金の融資にも活用できるような商品も見られます。

 

ここでは大正銀行のカードローンと住宅ローンについてご紹介します。

 

大正銀行ってどんな銀行?

大正銀行は大阪市に本店を持つ第二地方銀行です。徳島銀行や香川銀行とともにトモニホールディングスという金融持株会社の傘下にあります。
それ以前はずっと、かつてあった三和銀行の親密地銀という位置づけでした。

 

トモニホールディングスに入る前は三菱UFJフィナンシャルグループの持分法適用関連会社でもありました。そのような関係もあって、社長や頭取には、三菱東京UFJ銀行出身の人のなることが多いです。

 

このような関係もあって、香川銀行や徳島銀行、三菱東京UFJ銀行とは相互ATM手数料無料提携を実施しています。

 

大正銀行という名称の由来は創業されたのが大正時代であったことと、「大きく正しく伸びていく」というモットーから来ているのですよ♪

 

店舗は大阪府以外では、兵庫県と京都府にあります。

 

大正銀行には、すべての個人のお客さんが対象となる「ハートフルポイント」というポイント制度があります。給与受け取りや年金受取の口座を指定していたり、ローンを組んでいたり、公共料金の支払指定にしていたりと・・・利用条件によってポイントが付与されます。

 

ポイントによって会員ランクが決まり、会員ランクによってはATM手数料がいつでも無料、振込手数料割引・・・などの特典を受けることができますよ☆

 

大正銀行カードローン

【利用条件】
申込時満20歳以上70歳未満の方、信用事故がなく安定かつ継続した収入がある方、大正銀行に来店できる地域にお住まい又はお勤めの方、保証会社の保証を得られる方
※年金受給者、主婦、学生、パート、アルバイトの方も利用可能
※借入金額100万円超の場合は65歳以下で、年収200万以上の勤務者(自営業者の方は所得がゼロでない方)

 

【利用限度額】
10万円〜1000万円 の10万円単位

 

【金利】
年3.0%〜年14.5%

 

【借入方法】
大正銀行ATM、提携金融機関、コンビニのATM(ローソン、イーネット)での借入れ

 

【返済方法】
毎月10日に返済用口座からの自動引落し
大正銀行、三菱東京UFJ銀行、香川銀行、徳島銀行、ゆうちょ銀行のATM、大正銀行窓口での随時返済(※ATMの場合は平日8:45〜18:00 手数料無料)

 

大正銀行のカードローンは最短即日に審査結果回答!スピーディーなのが特徴です。

 

年金受給者や学生、パート・アルバイト、配偶者に収入のある専業主婦の方でも申し込みは可能です。ただしこれらの人々は100万円を超える借り入れ希望額で申し込みできませんので注意しましょう。

 

また、銀行カードローンでは珍しく”使い道が自由”となっています。買い物に・・・生活費に・・・事業資金に・・・なんにでも使える商品ですよ。

 

ただ、本契約には窓口に来店する必要があります。大正銀行に普通預金口座を持っていなければ新規開設する必要もありますよ。

 

仮審査の申込みはインターネット(パソコン・スマホ)、電話、FAXからできます。本契約から手元に専用ローンカードが届くにはだいたい1週間ほどかかりますので、即日融資は難しいですね。急な出費に備えるならば早めに申込みをしておきましょう。

 

利用限度額300万円以上の申込みの場合は、所得を証明する書類が必要ですよ。

 

大正銀行は、三菱東京UFJ銀行、香川銀行、徳島銀行と提携しているので借入返済の手数料が平日8:45〜18:00は無料となっています♪有料にはなりますが、ゆうちょ銀行のATM、イーネット(ファミマやポプラ)やローソンのコンビニATMも利用可能です!

 

セブンイレブンのセブン銀行は利用不可となっていますので気をつけましょう!

 

低金利でおすすめの銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

当サイトで1番おすすめしているのが三井住友銀行カードローンです。銀行ならではのサポートがしっかりしているので安心して利用することが出来ます。
金利は年4.0%〜14.5%となっていて銀行カードローン業界でもトプクラスの低金利設定となっているのです。
融資額も最高800万円となっているので、生活のあらゆるシーンで活躍してくれそうですよね。
また、毎月の返済額は2,000円からと少額に設定されているので、無理することなくコツコツと返済していくことが出来るでしょう。
三井住友銀行に口座を持っていないという方でも利用することが出来ますよ。

 

三菱UFJ銀行カードローン

バンクイック

メガバンクである三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックも人気の銀行カードローンです。
このバンクイックも三菱UFJ銀行の普通預金口座を持っていない方でも申し込みできます。ただ、口座を持っている方は入力項目が少なくて済みます。
このバンクイックの利用で者ですが女性の利用者は3割を超えていて、女性にも支持されているカードローンです。
年代としては30代・40代の方が多く利用していますね。

 

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行

auじぶん銀行から発売されているカードローンは、auユーザーならば金利が年0.5%優遇されるようになっていて、auユーザーはお得です。
もちろん、auユーザー出なかったとしても利用することが出来ます。
コンビニATM等、auじぶん銀行と提携しているATMでの借り入れや返済は、ATM手数料がいつでも0円で利用できるので、無駄な手数料を払わずに済みます。

 

 

大正銀行の住宅ローン商品

大正銀行では、「家族の想い」と呼ばれる住宅ローンを販売しています。この住宅ローンはほかの金融機関と違って、預金連動型の住宅ローンとなります。住宅ローンを借入れする際に、家族が大正銀行に預金すると住宅ローンの利息のいくらかがキャッシュバックされるシステムをとっています。

 

「ゆったり老後」は自宅活用タイプのローンで、高齢者施設に入居するときやリフォーム費用、セカンドライフを充実させるための旅行代金の融資に対応した商品です。

 

「大阪府創エネ設備及び省エネ機器設置特別融資」という商品もあります。これは、太陽光発電やヒートポンプ式電気給湯器、蓄電池、断熱化工事、省エネ化工事をする場合、その資金を融資してくれるローンです。

大正2

 

大正銀行の「住宅ローン」の年齢条件は、満20歳以上65歳未満の人が申込対象です。ただし完済時に満80歳未満であることも条件も加わりますので注意しましょう。

 

勤続条件も設定されていて、給与所得者の場合1年以上現在の職場で働いている実績が求められます。会社役員は役員職として2年以上の就任実績があることが条件となります。個人事業主で住宅ローンに申し込みたいのであれば、2年以上の営業実績を有していれば、申し込みは可能です。

 

はっきりとしたことは明記されていないものの、パートやアルバイト、契約社員、派遣社員などのような非正規雇用の場合、保証会社の保証が得られる、審査を通過できない可能性がありますね(;・∀・)

 

「家族想い」

大正銀行の住宅ローンの「家族の想い」は、大正銀行と取引をしている人であれば、金利が店頭表示されているものより引き下げの適用される可能性があります♪

 

給与・診療報酬振り込みか年金受け取り用の口座がある、もしくは貸金庫を利用している・・▲・0.6%

 

2項目以上の公共料金を口座振替もしくはクレジットカード引き落としにしている、さらに大正カードローンを利用している、この中の1つでも該当・・・▲0.25%

 

購入するマイホームにエコ設備が搭載されている・・・▲0.25%

 

つまりすべての紅毛に該当すれば、最大1.1%金利引き下げになります。

 

家族の想いでは、住宅ローンの利息のキャッシュバックのサービスがついています。これは本人もしくは二親等以内の家族が、大正銀行の定期預金を新規開設して、その残高に応じて住宅ローンの支払った利息の一部がキャッシュバックされる仕組みです。

 

キャッシュバックの時期は、7〜12月・1〜6月の2つの時期に分けて算出されます。

 

実際にキャッシュバックの実行されるタイミングは、2月と8月になります。キャッシュバックがどのように行われるかは、住宅ローンを利用している人の返済用の引き落とし口座に入金する形をとります♪

 

銀行カードローンといわれると、低金利の一方で審査に時間がかかるというイメージを持っている人が多いでしょう。

 

しかし大正銀行のカードローンは最短申し込んだその日のうちに結果を回答してくれます。

 

「低金利でお金を借りたい!しかも入用で今すぐ現金がほしい!」という場合には、正カードローンの利用を検討してみる価値はあります。

 

大正銀行の住宅ローンは、普段大正銀行と取引が深ければ深いほど、店頭表示金利よりも引き下げられます。最大1%を超える金利引き下げの可能性もありますよ。

 

住宅ローンの場合、借入金額が何千万円になるので1%の金利差でも返済総額は何百万円もかかってしまいます。

 

もし大正銀行を普段利用していて、住宅ローンを組もうと思っているのであれば、大正銀行に一度相談してみるといいでしょう。